長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病理学/病理診断科

2014年業績

A 欧文

著者・タイトル・学術雑誌名・巻号・年 IF値 SCI 記号 審査制
A-a (学術誌に掲載された原著論文(Acta Medica Nagasakiensiaは学術誌に分類する。))
1 Matsumoto H, Tsuchiya T, Yoshiura K.-I., Hayashi T, Hidaka S, Nanashima A, Nagayasu T: ABCC11/MRP8 expression in the gastrointestinal tract and a novel role for pepsinogen secretion. Acta Histochemica et Cytochemica 47(3): 85-94, 2014 1.224 *   1
2 Maruya Y, Kuroki T, Adachi T, Okamoto T, Abe K, Kanematsu T, Eguchi S: Heterochronous adrenal metastasis from intrahepatic cholangiocarcinoma: Report of a case. Acta Medica Nagasakiensia 58:131-134, 2014       1
3 Watanabe H, Yamasaki N, Miyazaki T, Matsumoto K, Tsuchiya T, Hashizume K, Abe K, Nagayasu T: Successful treatment of mycotic thoracic aortic aneurysm in collaboration with cardiovascular and general thoracic surgeons. Acta Medica Nagasakiensia 59:33-36, 2014       1
4 Yamanouchi K, Minami S, Kuba S, Kawakami F, Sakimura C, Kinoshita N,Abe K, Hayashi T, Kuroki T, Eguchi S: Is it practical to determine the therapeutic strategy for breast cancer by evaluating pathological findings in core needle biopsy specimens?. Acta Medica Nagasakiensia 59: 41-45, 2014       1
5 Akazawa Y, Norimura D, Takeshima F, Matsushima K, Yamaguchi N, Ohnita K, Hayashi T, Isomoto H, Nakao K: Retention of capsule endoscopy at the site of NSAIDs-induced Intestinal Ulcer – Lessons to Learn. Acta Medica Nagasakiensia 58(4): 135-138, 2014       1
6 Matsumaru I, Eishi K,  Hashizume K,  Kawano H,  Tsuneto A, Hayashi T: Clinical and Pathological Features of Degenerative Mitral Valve Disease: Billowing Mitral Leaflet Versus Fibroelastic Deficiency. ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY 20(6):  987-994, 2014 0.687 *   1
7 Tabata K, Tanaka T, Hayashi T, Hori T, Nunomura S, Yonezawa S, Fukuoka J: Ki-67 is a strong prognostic marker of non-small cell lung cancer when tissue heterogeneity is considered. BMC clinical pathology 14: 23, 2014       1
8 Kakugawa T,  Yokota S.-I, Ishimatsu Y, Hayashi T , Nakashima S , Hara S, Sakamoto  N, Kubota H, Mine M, Matsuoka Y, Mukae H, Nagata K, Kohno S: Serum heat shock protein 47 levels are elevated in acute interstitial pneumonia. BMC Pulmonary Medicine 14(1): 21, 2014 2.489 *   1
9 Akazawa Y , Takeshima F , Yajima H , Imanishi D, Kanda T, Matsushima K, Minami H, Yamaguchi N, Ohnita K, Isomoto H, Hayashi T, Nakashima M, Nakao K: Infliximab therapy for Crohn’s-like disease in common variable immunodeficiency complicated by massive intestinal hemorrhage A case report. BMC Research Notes 7(1): 22, 2014   *   1
10 Nagata T, Shimada Y, Sekine S, Hori R, Matsui K, Okumura T, Sawada S, Fukuoka J, Tsukada K: Prognostic significance of NANOG and KLF4 for breast cancer. Breast Cancer 21(1): 96-10, 2014 1.317 *   1
11 Mizoguchi T, Kijima Y, Hirata M, Kaneko K, Arima H, Nakajo A, Higashi M, Tabata K, Koriyama C, Arigami T, Uenosono Y, Okumura H, Maemura K, Ishigami S, Yoshinaka H, Shinden Y, Ueno S, Natsugoe S: Histological findings of an autologous dermal fat graft implanted onto the pectoralis major muscle of a rat model. Breast cancer : 1-8, 2014 1.317 *   1
12 Oikawa M, Yano H, Matsumoto M, Otsubo R, Shibata K, Hayashi T, Abe K, Kinoshita N, Yoshiura K, Nagayasu T: A novel diagnostic method targeting genomic instability in intracystic tumors of the breast. Breast cancer: 1-7, 2014 1.317 *   1
13 Mochinaga K, Tsuchiya T, Nagasaki T, Arai J, Tominaga T, Yamasaki N, Matsumoto  K, Miyazaki T, Nanashima A, Hayashi T, Tsukamoto K, Nagayasu T: High expression of dihydropyrimidine dehydrogenase in lung adenocarcinoma is associated with mutations in epidermal growth factor receptor: Implications for the treatment of non-small-cell lung cancer using 5-fluorouracil. Clinical Lung Cancer  15(2): 136-144, 2014 3.220 *   1
14 Hori T, Kato T, Komiya A, Fuse H, Nunomura S, Fukuoka J, Nomoto K: Primary melanoma of the urinary bladder identified by urine cytology: A rare case report. Diagnostic Cytopathology  42(12): 1091-1095, 2014 1.520 *   1
15 Shimada Y,  Okumura T,  Nagata T,  Hashimoto I,  Sawada S,  Yoshida T,  Fukuoka J, Shimizu K, Tsukada K: Expression analysis of fibroblast growth factor receptor-like 1 (FGFRL1) in esophageal squamous cell carcinoma. Esophagus 11(1): 48-53, 2014 0.741 *   1
16 Johkoh T, Sumikawa H, Fukuoka J, Tanaka T, Fujimoto K, Takahashi M, Tomiyama N, Kondo Y, Taniguchi H: Do you really know precise radiologic-pathologic correlation of usual interstitial pneumonia?. European journal of radiology 83: 20-26, 2014 2.160 *   1
17 Johkoh T, Fukuoka J, Tanaka T: Rare idiopathic intestinal pneumonias (IIPs) and histologic patterns in new ATS/ERS multidisciplinary classification of the IIPs. European Journal of Radiology 84(3): 542–546, 2014 2.160 *   1

 

18 T. Miyazaki T, T. Nagayasu T, N. Yamasaki N, T. Tsuchiya T, K. Matsumoto K, T. Tagawa T, M. Obatake M, A. Nanashima A, S. Hidaka S, T. Hayashi T: Video-assisted thoracoscopic lobectomy with the patient in the semi-prone position: initial experience and benefits of lymph node dissection: General Thoracic and Cardiovascular Surgery 62(10): 614-619, 2014       1
19 Tsubouchi K, Ikematsu Y, Hashisako M, Harada E, Miyagi H, Fujisawa N: Convulsive Seizures with a Therapeutic Dose of Isoniazid. Internal Medicine  53: 239-242, 2014 0.967 *   1
20 Otsubo R, Oikawa M, Hirakawa H, Shibata K, Abe K, Hayashi T, Kinoshita N, Shigematsu K,  Hatachi T, Yano H, Matsumoto M, Takagi K, Tsuchiya T, Tomoshige T, Nakashima M, Taniguchi H, Omagari, Itoyanagi N, Nagayasu T: Novel diagnostic procedure for determining metastasis to sentinel lymph nodes in breast cancer using a semi-dry dot-blot method. International Journal of Cancer 134: 905-912, 2014 5.007 *   1
21 Komiya A, Kato T, Hori T, Fukuoka J, Yasuda K, Fuse, H: Application of a new technique, spiral tissue microarrays constructed using needle biopsy specimens, to prostate cancer research. International journal of oncology 44: 195-202, 2014 2.773 *   1
22 Izumikawa K, Tashiro T, Tashiro M, Takazono T, Kosai K, Morinaga Y, Kurihara S, Nakamura S, Imamura Y, Miyazaki T, Tsukamoto M, Kakeya H, Hayashi T, Yanagihara K, Nagayasu T, Kohno S: Pathogenesis and clinical features of chronic pulmonary aspergillosis-Is it possible to distinguish CNPA and CCPA clinically?. Journal of Infection and Chemotherapy 20(3): 208-212, 2014 1.384 *   1
23 Tateishi Y, Tsujino A, Hamabe J, Tasaki O, Morikawa M, Hayashi T, Horie N, Hayashi K, Suyama K, Nagata I: “Snake Fang” Sign without Carotid Stenosis on Duplex Ultrasonography Indicates High Risk of Artery-to-Artery Embolic Stroke. Journal of Neuroimaging 24(4) : 407–410, 2014 1.818 *   1
24 Shimamoto A, Isomoto I, Segawa K, Matsumoto A, Abe K, Uetani, M: The MRI findings in a case of ovarian mucinous borderline tumor mimicking a serous surface borderline tumor. Japanese journal of radiology 32: 552-5, 2014 0.742 *   1
25 Tomita H, Koike Y, Asai M, Ogawa F, Abe K, Tanioka Miki, Utani, A: Angiosarcoma of the scalp successfully treated with pazopanib. Journal of the American Academy of Dermatology 70: e19-21, 2014 5.004 *   1
26 Horai Y, Tokuyama A, Sumiyoshi R, Nakashima Y, Suzuki T, Okada A, Kawashiri S-Y , Ichinose K, Izumi Y, Miyashita T, Tamai M, Yamasaki S, Nakamura H, Hayashi T, Origuchi T, Kawakami A,: A case of cutaneous polyarteritis nodosa with elevated serum interleukin-6 levels complicated by leg arterial stenosis and destructive arthropathy of the left ankle. Modern Rheumatology 24(1): 206-211, 2014 2.206 *   1
27 Kume H, Muraoka S, Kuga T, Adachi J, Narumi R, Watanabe S,  Kuwano M, Kodera Y,  Matsushita K, Fukuoka J, Masuda T, Ishihama Y, Matsubara H, Nomura F, Tomonaga T: Discovery of Colorectal Cancer Biomarker Candidates by Membrane Proteomic Analysis and Subsequent Verification using Selected Reaction Monitoring (SRM) and Tissue Microarray (TMA) Analysis. Molecular & cellular proteomics 13(6): 1471-1484, 2014 7.254 *   1
28 Hara Y, Tanaka T, Tabata K, Shiraki A, Hayashi K, Kashima Y, Hayashi T, Fukuoka, J: Anti-glycyl tRNA synthetase antibody associated interstitial lung disease without symptoms of polymyositis/dermatomyositis. Pathology international. 2014, 64: 148-150. 1.585 *   1
29 H. Minami, H. Isomoto, T. Nakayama, T. Hayashi, N. Yamaguchi, K. Matsushima, Y. Akazawa, K. Ohnita, F. Takeshima, H. Inoue, K. Nakao: Background Coloration of Squamous Epithelium in Esophago-Pharyngeal Squamous Cell Carcinoma: What Causes the Color Change?. PLos ONE 9(1): e85553, 2014 3.534 *   1
30 Sugiyama H, Misumi M, Kishikawa M, Iseki M, Yonehara S, Hayashi T, Soda M, Tokuoka S, Shimizu Y, Sakata R, Grant E.J, Kasagi F, Mabuchi K, Suyama A, Ozasa K: Skin Cancer Incidence among Atomic Bomb Survivors from 1958 to 1996. Radiation Research   181(5): 531-539, 2014 2.445 *   1
31 Kakugawa T, Tabata K, Ogawara D, Tsuchiya T, Hara S, Sakamoto N, Ishimatsu Y, Ashizawa K, Nagayasu T, Fukuoka J, Kohno S: Acute exacerbation of airspace enlargement with fibrosis. Respiratory Medicine Case Reports 13: 19-23, 2014 0.170     1
32 Miyazaki K, Torashima Y, Mochizuki S, Susumu S, Kanetaka K, Eguchi S, Kanematsu T, Abe K, Fujita, F: Hand-assisted laparoscopic subtotal colectomy with cecorectal anastomosis for chronic idiopathic colonic pseudo-obstruction: report of a case. Surgery today 44: 581-5, 2014 1.208 *   1
33 Kitano H, Chung J-Y, Ylaya K, Conway C, Takikita M, Fukuoka J,. Doki Y, Hanaoka J, Hewitt S.M: Profiling of Phospho-AKT, Phospho-mTOR, PhosphoMAPK and EGFR in Non-small Cell Lung Cancer. Journal of Histochemistry & Cytochemistry 62(5): 335–346, 2014 2.403 *   1
34 Sumikawa H, Johkoh T, Fujimoto K, Arakawa H, Colby T. V, Fukuoka J, Taniguchi H, Kondoh Y, Kataoka K, Ogura T, Baba T, Ichikado K, Gyobu T, Yanagawa M, Honda O, Tomiyama N: Pathologically proved nonspecific interstitial pneumonia: CT pattern analysis as compared with usual interstitial pneumonia CT Pattern. Radiology 272(2): 549-556, 2014 6.214 *   1
35 Watanabe N,Sakamoto K, Taniguchi H, Kondoh Y, Kimura T, Kataoka K, Ono K, Fukuoka J,     Nishiyama O, Hasegawa Y: Efficacy of Combined Therapy with Cyclosporin and Low-Dose Prednisolone in Interstitial Pneumonia Associated with Connective Tissue Disease. Respiration  87: 469-477, 2014 2.615 *   1
36 Ishimatsu Y, Koyama H, Tomonaga M, Harada T, Nakashima S, Hara A, Hara S, Kakugawa T, Sakamoto N, Hayashi T, Kohno S: A Japanese Patient with Löfgren’s Syndrome with an HLA-DR12 Allele and Review of Literature on Japanese Patients. The Tohoku Journal of Experimental Medicine 234(2): 137-141, 2014 1.244     1
A-b (学術誌に掲載された総説)
1 Tabata K, Fukuoka J: Histopathologic features of usual interstitial pneumonia and related patterns: what is important for radiologists?. Seminars in ultrasound, CT, and MR 35: 2-11, 2014 1.082

 

    1
 
         
A-e-1 (学術誌に掲載されたアブストラクト)
1 Otani K, Tanaka T, Omote N, Kataoka K, Kondoh Y, Taniguchi H, Tabata K, Itoh T, Fukuoka J: Histological Evaluation of Clinically Detected 44 Lung Dominant Connective Tissue Disease Cases. 103rd Annual Meeting of the USCAP (March, San Diego, America, 2014)        
2 Smith SM, Powell CA, Nasser MW, Fukuoka J, Jen J, Franks TJ, Travis WD, Ganju RK, Shilo K: Expression Patterns of FABP5 Are Associated with Grade of Pulmonary Neuroendocrine Tumors. 103rd Annual Meeting of the USCAP (March, San Diego, America, 2014)        
3 Kondoh Y, Johkoh T, Fukuoka J, Tanaka T, Tabata K, Yamano Y, Yokoyama T, Matsuda T, Kataoka K, Kimura T, Taniguchi H: Multidisciplinary Evaluation Of Unclassifiable Idiopathic Interstitial Pneumonias. American Thoracic Society 2014 International Conference(AJRCCM) (March, San Diego, America, 2014)        
4 Ushigusa T, Tanaka T, Tsuruno K, Tawada N, Tabata K, Kashima Y, Kataoka K,  Kondoh Y, Taniguchi H, Fukuoka J: Peilobular Margination by Elastosis: A Robust Histologic Marker of Usual Interstitial Pneumonia.103rd Annual Meeting of the USCAP (March, San Diego, America, 2014)        
5 Johkoh T, Ichikado K, Fujimoto K, Tanaka T, Fukuoka J, Tomiyam N: Perilobular Anatomy and Abnormalities on CT: Radiologists Should Memorize and Understand Them!. 100th Annual Meeting of the Radiological Society of North America (November-December, Chicago,  America, 2014)        
6 Johkoh T, Fujimoto K, Arakawa H, Tanaka T, Fukuoka J, Tomiyama N: Diffuse Peribronchovascular Opacities on CT: Profiling and Pathological Backgrounds of this Unique Finding. 100th Annual Meeting of the Radiological Society of North America (November-December, Chicago, America, 2014).        
A-e-2 (プロシーディングス)
1 Fukuoka J: Reproducibility of the ATS/ERS Classification of Idiopathic Interstitial Pneumonias. Pulmonary Sessions, The XXXth Congress of the International Academy of Pathology (October, Bangkok, Thailand, 2014) 2.032 *   0
2 Fukuoka J, Tanaka T, Tabata K: Pulmonary Pathology: LC22-1 REPRODUCIBILITY OF THE ATS/ERS CLASSIFICATION OF IDIOPATHIC INTERSTITIAL PNEUMONIAS. Histopathological diagnosis of interstitial pneumonia (IP) . Pathology 46: S37-S38, 2014 2.620 *   0

B 邦文

著者・タイトル・学術雑誌名・巻号・年     記号 審査制
B-a (学術誌に掲載された原著論文)
1 山口仁平, 金子賢一, 高橋晴雄, 木下直江: 中咽頭に発生した血管周皮細胞腫例. 耳鼻咽喉科臨床 107 (1): 31-36, 2014       1
2 村上直子, 北島道夫, 村上優子, 今村健仁, 山崎健太郎, 木下直江, 林 徳眞吉, 磯本一郎, 三浦清徳, 増崎英明: 片側付属器摘除後に初発時と異なる発育形態で対側卵巣に生じた卵巣漿液性境界悪性腫瘍の一例. 日本磁気共鳴医学会雑誌 34(1): 1-5, 2014       1
3 虎島泰洋, 峯 由華, 高槻光寿, 曽山明彦, 足立智彦, 北里 周, 山之内孝彰, 藤田文彦, 金高賢悟, 南 恵樹, 黒木 保, 木下直江, 市川辰樹, 中尾一彦, 江口晋: 糖原病III型に対して脳死肝移植を施行した1例. 長崎医学会雑誌 89(1): 58-61, 2014       1
4 竹内 潤, 富田雅人, 宮田倫明, 安倍邦子, 尾崎誠: 左前腕に発生した稀な血管芽腫の一例. 整形外科と災害外科 63(1): 141-144, 2014       1
5 表 紀仁, 谷口博之, 近藤康博, 木村智樹, 片岡健介, 松田俊明, 横山俊樹, 福岡順也, 上甲  剛: 家族性特発性間質性肺炎の放射線学的・病理学的特徴の検討. 陶生医報 (29):  1-5, 2014       1
6 富永哲郎, 福田大輔, 竹下浩明, 黨 和夫, 阿保貴章, 日高重和, 七島篤志, 木下直江, 永安  武, 澤井照光: リンパ管侵襲を伴った腸管子宮内膜症の1例. 日本消化器外科学会雑誌  47(6) . 351-356, 2014       1
7 北島正親, 井上啓爾, 原村智子, 渡海大隆, 野田和雅, 伊藤信一郎, 南 恵樹, 原口正史, 入江準二, 木下直江, 江口 晋: 肺mucosa-associated lymphoid tissue(MALT)リンパ腫の1手術例. 長崎医学会雑誌 89(2): 120-124, 2014       1
8 森 真琴, 佐藤典子, 烏山道子, 谷口盛人, 平山三国, 里 翼, 布村さゆり, 安倍邦子, 穴見 正信, 矢野 洋: 乳腺Adenomyoepitheliomaの細胞像. 日本臨床細胞学会九州連合会雑誌 45: 65-69, 2014       1
9 石松祐二, 中島章太, 朝長正臣, 原田達彦, 原 敦子, 原 信太郎, 角川智之, 坂本憲穂, 福岡順也, 河野 茂: BAL液が白濁を呈さなかった骨髄異形成症候群に伴う続発性肺胞蛋白症の1例. 長崎医学会雑誌 89(2): 130-135, 2014       1
10 松島加代子, 磯本 一, 石居公之, 東 俊太朗, 塩田純也, 西山 仁, 竹島史直, 宿輪三郎, 中尾一彦, 中山敏幸, 田畑和宏, 中島正洋, 福岡順也: 【小腸潰瘍の鑑別診断】小腸疾患の診断における拡大観察の意義 炎症性腸疾患における回腸末端の内視鏡拡大観察は必要か. 胃と腸 49(9): 1309-1316, 2014       1
11 宮田倫明, 富田雅人, 松尾洋昭, 近藤超子, 小林恭介, 白石和輝, 馬場秀夫, 林 徳真吉, 木下直江, 尾崎 誠: 当科におけるSolitary fibrous tumor(SFT)の予後調査. 整形外科と災害外科 63(4): 685-687, 2014       1
12 田浦智之, 朝長 匡, 飯岡 隆, 池田倫太郎, 入江準二, 木下直江: 骨代謝過剰抑制(SSBT)による大腿骨転子下骨折の1例. 整形外科と災害外科 63(4): 773-778, 2014       1
13 川尻真也, 青柳 潔, 西野文子, 吉村聡志, 鈴木貴久, 中島好一, 寶來吉朗, 岩本直樹, 一瀬邦弘, 玉井慎美, 中村英樹, 川上 純, 折口智樹, 加島志郎, 福岡順也: 強皮症と鑑別を要した抗Scl-70抗体陽性の好酸球性筋膜炎の一例. 九州リウマチ 34(2): 141-145, 2014       1
14 浅井 幸, 冨田 元, 林 徳眞吉, 宇谷厚志: 稗粒種様特発性皮膚石灰沈着症を合併したDown 症候群の 1例. 西日本皮膚科 76 (2): 88-91, 2014       1
15 井上啓爾,北島正親,原村智子,渡海大隆,伊藤信一郎,野田和雅,南 恵樹,原口正史,鬼塚伸也,入江準二,安倍邦子,江口 普: 多発性限局性スリガラス影を呈した肺胞蛋白症の1例. 長崎医学会雑誌 89(2): 165-169, 2014       1
B-b (学術誌に掲載された総説)
1 鶴野広介, 福岡順也: 労作時低酸素血症をきたす疾患の病理. 呼吸器内科 25(2): 170-178, 2014       0
2 新田哲久, 高橋雅士, 園田明永, 大谷秀司, 永谷幸裕, 村田喜代史, 田中伴典, 福岡順也: すりガラス影を伴う結節(GGN) 歴史的背景から最近の動向まで. 画像診断 34(7) : 786-797, 2014       0
3 鶴野広介, 福岡順也: 【疾患と運動時低酸素血症】 労作時低酸素血症を来す疾患の病理.呼吸と循環 62(6): 519-525, 2014

 

      0
4 加島志郎, 唐田博貴, 玉城由佳理, 福岡順也: 【新技術の呼吸器への応用を考える】肺病理分類、診断に期待される新技術. THE LUNG-perspectives 22(4): 383-387, 2014       0
B-c (著書(分担執筆を含む))
  なし        
B-d (学内紀要、各省庁等の研究助成金および研究委託費による研究成果(長崎県医師会報等を含む。))
1 福岡順也: 「切除可能悪性胸膜中皮腫に対する集学的治療法の確立に関する研究」厚生科学基盤研究分野 がん臨床研究事業(H23-がん臨床 – 一般 – 010).

 

     
2 福岡順也: 「呼吸器系疾患分野 特発性間質性肺炎」 びまん性肺疾患に関する調査研究. 厚生労働科学研究 平成24年度難治性疾患克服研究事業        
B-e-1 (学術誌に掲載されたアブストラクト)
1 高村祐磨,町野隆介,宮崎拓郎,松本桂太郎,士谷智史,山崎直哉,永安 武,安倍邦子,林 徳眞吉: 肺門部に発生した脂肪肉腫の1切除例. 第54回日本肺癌学会九州支部学術集会・第37回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会: 2014.2        
2 石丸 豊,坂本綾美,石丸英樹,木下直江,林 健太郎,林 秀行,坂本一郎,上谷雅孝: 自己免疫性膵炎患者に合併したIgG4関連胆嚢炎と考えられた一例. 第178回日本医学放射線学会九州地方会・第49回日本核医学会九州地方会: 2014.2        
3 田代将人,朝永七枝,木下明敏,木下直江,河野 茂: 多発性肺嚢胞を伴った夏型過敏性肺臓炎の一例. 第54回日本肺癌学会九州支部学術集会・第37回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会: 2014.2        
4 赤司沙織, 井手口怜子, 福田俊夫, 崎戸康浩, 南 和徳, 中嶋一寿, 大畠雅之, 望月響子, 木下直江, 上谷雅孝: 小腸捻転によるイレウスを発症した腸間膜リンパ管腫の1例. Japanese Journal of Radiology  32: 83, 2014        
5 町野隆介, 山崎直哉, 宮崎拓郎, 松本桂太郎, 土谷智史, 木下直江, 永安 武: 気管支形成を伴った中葉切除により下葉切除を回避できた右中葉気管支入口部原発の気管支カルチノイドの1例. 気管支学 36: S200, 2014        
6 木下明敏, 田代将人, 朝永七枝, 木下直江, 河野 茂: 肺アミロイドーシスに伴う多発性肺嚢胞・結節影を呈したシェーグレン症候群の一例. 気管支学 36: S277, 2014        
7 松島 肇, 黒木 保, 北里 周, 足立智彦, 平原正隆, 日高匡章, 曽山明彦, 藤田文彦, 金高賢悟, 南 恵樹, 高槻光寿, 木下直江, 江口 晋:肝内胆管癌の発癌過程におけるSOX9の関与とその臨床的意義. 日本外科学会雑誌 115(臨増2): 283, 2014        
8 久芳さやか, 南 恵樹, 足立利幸, 川上総子, 山之内孝彰, 松本 恵, 矢野 洋, 安倍邦子, 藤田文彦, 高槻光寿, 金高賢悟, 黒木 保, 永安 武, 江口 晋: 乳房温存療法における術中迅速組織診断の有用性の検討. 日本外科学会雑誌 115(臨増2 ): 341, 2014        
9 入江準二, 安倍邦子, 木下直江, 安井春奈, 森山くるみ, 丸尾俊昭, 上井 元, 河合紀生子: 当科で経験した乳腺原発性化生癌4例について. 日本病理学会会誌 103(1) : 310, 2014        
10 龍田実代子, 濱田直樹, 緒方彩子, 坪内和哉, 大森雅子, 田村健太郎, 春藤裕樹, 高野智嗣, 原田大志, 伊地知佳世, 橋迫美貴子, 有森陽二郎, 綿屋 洋, 高山 浩一, 中西洋一: 食道狭窄を来たした硬化性縦隔炎の一例. 気管支学 36: S270, 2014        
11 高野智嗣, 濱田直樹, 大森雅子, 春藤裕樹, 龍田実代子, 田村健太郎, 坪内和哉, 橋迫美貴子, 伊地知佳世, 緒方彩子, 高山浩一, 中西洋一: 原発性肺アミロイドーシスの2症例.気管支学 36: S278, 2014        
12 坪内 和哉, 濱田 直樹, 緒方 彩子, 大森 雅子, 高野 智嗣, 龍田 実代子, 春藤 裕樹, 田村 健太郎, 伊地知 佳世, 橋迫 美貴子, 猪島 一朗, 高山 浩一, 中西 洋一:全身ステロイド投与に抵抗性を示した喉頭サルコイドーシスの1例.気管支学36巻Suppl. PageS292(2014.03)        
13 稲田順也, 平井文彦, 岩本康男, 山中竹春, 田口健一, 武田晃司, 駄賀晴子, 清水淳市, 田中 薫, 小暮啓人, 木村達郎, 小野 哲, 佐々木秀文, 福岡順也, 西山憲一, 瀬戸貴司, 一瀬幸人, 中川和彦, 中西洋一: 進行胸腺癌に対するCarboplatin+Paclitaxel併用療法の臨床第II相試験 WJOG 4207L. 日本呼吸器学会誌 3(増刊): 2014        
14 武村民子, 蛇澤 晶, 寺崎泰弘, 小橋陽一郎, 村上知之, 熊坂利夫, 田畑和宏, 福岡順也, 藤井丈士, 河端美則, 小倉高志: 気腫合併肺線維症の病理組織学的検討 分類不能型間質性肺炎に焦点をあてて. 日本病理学会会誌 103(1): 205, 2014        
15 岡村 岳, 田中伴典, 加島志郎, 田畑和宏, 林 健太郎, 鶴野広介, 片岡健介, 近藤康博, 谷口博之, 渡辺憲太朗, 原田泰志, 福岡順也: P-index UIP患者における予後予測のための簡易で有効な組織学的ツール. 日本病理学会会誌 103(1) : 205, 2014        
16 牛草 健, 田畑和宏, 田中伴典, 鶴野広介, 峠田直人, 加島志郎, 片岡健介, 近藤康博, 谷口博之, 福岡順也: 弾力線維症によるperilobular margination 通常型間質性肺炎の堅牢な組織学的マーカ. 日本病理学会会誌 103(1): 206, 2014        
17 藤本淳也, 堀 隆, Annikka Weissferdt, Neda Kalhor, 福岡順也, Ignacio Wistuba, Cesar Moran: 胸腺上皮腫瘍のスパイラルアレイを用いた組織病理学的評価. 日本病理学会会誌 103(1): 208, 2014        
18 徳満純一, 安井順一, 原口 愛, 堀江一郎, 木下直江, 南 恵樹, 安藤隆雄, 川上 純: 頸部リンパ節からの細胞診では診断が困難であった甲状腺乳頭癌の2例. 日本内分泌学会雑誌 90(1):372, 2014        
19 高村祐磨, 矢野 洋, 進藤久和, 松本 恵, 石丸英樹, 林 健太郎, 木下直江, 永安 武: Basedow病に対して術前コイル塞栓術を施行した1例. 日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 31: S90, 2014        
20 池岡俊幸, 野崎 彩, 原口 愛, 高島治子, 安井順一, 赤澤 諭, 植木郁子, 堀江一郎, 古林正和, 安藤隆雄, 阿比留教生, 宇佐俊郎, 川崎英二, 山崎浩則, 木下直江, 川上 純: 副腎腫瘍摘出後に高度肥満と血糖コントロールの改善を認めた糖尿病の1例. 糖尿病 57(4): 310, 2014        
21 伊藤達弘, 池岡俊幸, 原口 愛, 植木郁子, 堀江一郎, 安藤隆雄, 宇佐俊郎, 安倍邦子, 川崎英二, 川上 純: 急性心筋梗塞が疑われた甲状腺乳頭癌の心臓浸潤の一例. 日本内分泌学会雑誌 90(1): 371, 2014        
22 入江準二, 森山くるみ, 丸尾俊昭, 上井 元, 安井春奈, 木下直江, 安倍邦子: 当院における乳腺原発の化生癌2例. 日本臨床細胞学会雑誌 53(1): 352, 2014        
23 吉村俊祐, 太田理絵, 前田泰宏, 宮崎禎一郎, 向野晃弘, 中田るか, 中嶋秀樹, 白石裕一, 本村政勝, 吉村俊朗, 川上 純, 林 徳真吉, 福岡順也: 造影MRI検査で腫瘍性病変との鑑別が困難であった円錐部脱髄性脊髄炎の一例. 臨床神経学 54(4): 374, 2014        
24 堀 隆, 布村さゆり, 田中伴典, 福岡順也, 小梶恵利, 野本一博: 甲状腺の腺腫様結節と濾胞性腫瘍における細胞学的鑑別因子の同定研究. 日本臨床細胞学会雑誌 53(1): 215, 2014        
25 小梶恵利, 堀 隆, 福岡順也, 布村さゆり, 常山幸一, 木屋千恵子, 野本一博: 胸水中に出現したALK陽性肺癌の細胞像に関する検討. 日本臨床細胞学会雑誌 53(1): 239, 2014        
26 小宮 顕, 加藤智規, 堀 隆, 福岡順也, 保田賢司, 野崎哲夫, 藤内靖喜, 布施秀樹: 針生検標本を用いた組織アレイ、スパイラルアレイの開発と前立腺癌での予後因子の網羅的検討. 日本泌尿器科学会総会 102: 452, 2014        
27 田上幸憲,矢野 洋,松本 恵,進藤久和,大坪竜太,木下直江,田中伴典,田畑和宏,永安 武: ハーセプチン補助療法後に局所再発したHER2陽性乳癌の1例. 第51回九州外科学会・第50回九州内分泌外科学会: 2014.5        
28 田代将人, 朝永七枝, 木下明敏, 木下直江, 河野 茂: 多発性肺嚢胞を伴った夏型過敏性肺炎の1例. 気管支学 36(3): 321, 2014        
29 鎌田健作, 藤本隆史, 出端亜由美, 日宇 健, 吉田光一, 木下直江, 松尾孝之, 永田 泉: 嗅溝部神経鞘腫の1例. Brain Tumor Pathology 31:138, 2014        
30 丸 安広, 日高匡章, 曽山明彦, 足立智彦, 北里 周, 前川恭一郎, 虎島泰洋, 藤田文彦, 金高賢悟, 南 恵樹, 小林和真, 高槻光寿, 黒木 保, 木下直江, 江口 晋: L-OHPによる肝障害をきたした直腸癌肝転移に対しPmab単剤投与後に肝切除を施行した1例. 日本外科系連合学会誌 39(3): 605, 2014        
31 富田雅人, 宮田倫明, 野崎義宏, 安倍邦子, 林 徳眞吉, 尾崎 誠: 骨外性通常型軟骨肉腫の1例. 整形外科と災害外科 6(1): 74, 2014        
32 町野隆介, 山崎直哉, 宮崎拓郎, 松本桂太郎, 土谷智史, 田中伴典, 永安 武: 肺門部Glomus腫瘍の1例. 気管支学 36(3)319, 2014        
33 奥平定之, 岡田怜美, 曽山明彦, 日高匡章, 虎島泰洋, 高槻光寿, 江口 晋, 山口東平, 宮明寿光, 市川辰樹, 中尾一彦, 林 徳真吉, アリファ・ナズニーン , 安倍邦子, 福岡順也: 初回及び再肝移植後にVOD(Veno-Occlusive-Disease)を発症したC型肝硬変・肝癌の1例. 移植 49(1): 161, 2014        
34 丸屋安広,日高匡章,曽山明彦,足立智彦,北里周,前川恭一郎,虎島泰広,藤田文彦,金高賢悟,南 恵樹,小林和真,高槻光寿,黒木 保,木下直江,江口 晋: L-OHPによる肝障害をきたした直腸癌肝転移に対しPmab単剤投与後に肝切除を施行した一例. 第39回日本外科系連合学会学術集会: 2014.6        
35 道喜香奈美,佐藤典子,烏山道子,谷口盛人,平山三国,里 翼,濱﨑幸恵,石井洋子,有働恵美子,矢野浩夢,穴見正信,加島志郎,田中伴典,田畑和宏,木下直江,安倍邦子,林 徳真吉,冨田雅人,福岡順也: 細胞診で二相性を示した富細胞性神経鞘腫の一例. 第29回長崎県臨床細胞学会総会および学術集会・成人病検診従事者指導講習会: 2014.6        
36 小坂太一郎, 大畠雅之, 山根裕介, 田浦康明, 高槻光寿, 永安 武, 江口 晋, 石橋麻奈美, 楊井章紀, 舩越康智, 岡田雅彦, 安倍邦子: Altman II型仙尾部奇形腫の1例. 日本小児血液・がん学会雑誌. 51(2): 178, 2014        
37 花牟禮聡美, 北岡杏子, 吉田晴郎, 高橋晴雄, 田畑和宏: 当科で経験した側頭骨巨細胞腫の1症例. 耳鼻咽喉科臨床 補冊139: 74, 2014        
38 濱邊順平, 立石洋平, 辻野 彰, 久富一輝, 松隈誠司, 谷川 和好, 江石 清行, 恒任 章, 前村 浩二, 中山 敏幸, 田中 伴典, 林 徳真吉, 福岡 順也: 脳梗塞急性期に開心術にて塞栓源を摘出した2症例. 臨床神経学 54(6): 528, 2014        
39 福岡順也: 気腫と線維化を病理から見ると. 第72回日本呼吸器学会・日本結核病学会九州支部春季学術講習会: 2014.6        
40 久原貴志,安倍邦子,穴見正信,浅田理美,田口雄大,岡田怜美,林 徳眞吉: 男性乳腺の被包性乳頭癌の一例. 第29回長崎県臨床細胞学会総会および学術集会: 2014.6        
41 曽根美佳,田中克己,矢野浩規,冨田雅人,宮田倫明,山崎直哉,木下直江,平野明喜: 広範囲切除後11年経過してから再発を認めた肩甲部平滑筋肉腫の1例. 第95回九州・沖縄形成外科学会学術集会: 2014.7        
42 朝長哲生,松尾光敏,水谷明正,塩竃利昭,木下直江,林 徳真吉,福井 洋: 粘膜下出血による高齢者小腸重積の1例. 第97回日本消化器内視鏡学会 九州支部例会・第103回日本消化器病学会九州支部例会: 2014.7        
43 伊藤達弘,卜部繁俊,木下直江,井山玲奈,木下梨華子,松本耕輔,福田浩子,庄司寛之,橋口慶一,南 ひとみ,松島加代子,赤澤祐子,塩澤 健,山口直之,大仁田 賢,磯本  一,竹島史直,中尾一彦: 消化管出血を契機に発見されたガストリノーマの一例. 第97回日本消化器内視鏡学会 九州支部例会: 2014.7        
44 磯本一郎, 石山彩乃, 瀬川景子, 小川直美, 矢野 洋, 南 恵樹, 安倍邦子: 腹部MRIで偶然発見された乳腺疾患の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 22: 359, 2014        
45 瀬川景子, 磯本一郎, 安倍邦子, 矢野 洋, 久芳さやか, 南 恵樹, 福田 徹: Dual energyイメージングを用いた乳癌広がり診断. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集22: 362, 2014        
46 松本 恵, 矢野 洋, 進藤久和, 大坪竜太, 安倍邦子, 木下直江, 永安 武: サブタイプ別にみた術前化学療法による治療効果の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 22: 510, 2014        
47 七島篤志,阿保貴章,永安 武,木下直江,福岡順也:胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)の臨床病態と外科治療成績-長崎大学-胆管内乳頭状腫瘍とは何か 日本胆道学会シングルトピックカンファレンス: 2014.8        
48 本多 舞, 浅井 幸, 神尾芳幸, 小池雄太, 冨田 元, 鍬塚 大, 小川文秀, 林 徳眞吉, 木下直江, 宇谷厚志: Spindle cell squamous cell carcinoma(SCSCC)の局所再発が疑われた1例. 西日本皮膚科 76(4): 407, 2014        
49 古賀洋一,藤田文彦,峯 由華,虎島泰洋,米田 晃,金高賢悟,高槻光寿,黒木 保,加島志郎,木下直江,江口 晋: 腹腔鏡下虫垂切除術を施行した穿孔性虫垂憩室炎の1例.  第24回九州内視鏡下外科手術研究会: 2014        
50 崎村千香, 小坂太一郎, 石井光寿, 稲村幸雄, 大畠雅之, 高槻光寿, 江口 晋, 木下直江: 腸管重複症病変を先進部とした乳児腸重積症の1例: 日本小児科学会雑誌 118(9): 1384,  2014        
51 大西 愛, 中村 裕, 原田定智, 中嶋一寿, 木下史子, 得 雄一郎, 堤 卓也, 木下直江, 入江 準: アセトアミノフェンによりVanishing Bile Duct syndromeを呈した1例. 日本小児科学会雑誌 118(9): 1386-1387: 2014        
52 黒部由佳, 野崎 彩, 原口 愛, 植木郁子, 堀江一郎, 今泉美彩, 安藤隆雄, 木下直江, 宇佐俊郎, 川上 純: びまん性硬化型乳頭癌の一例. 日本内分泌学会雑誌 90(2): 539, 2014        
53 堀上謙作, 末吉 真, 平尾幸一, 本田智大, 赤司良平, 中尾功二郎, 木崎嘉久, 計屋知彰, 竹原浩介, 安倍邦子: カテコラミン心筋症を契機に発見された傍神経節腫の一例. 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 5: S735, 2014        
54 荻原幸宏, 芦澤和人, 林 秀行, 川上 純, 山崎直哉, 永安 武, 田中伴典, 田畑和宏, 福岡順也, 上谷雅孝: 多発結節影を呈したCaplan症候群の1例. 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 50: S714, 2014        
55 森 美央, 林 秀行, 荻原幸宏, 上谷雅孝, 西田暁史, 芦澤和人, 山崎直哉, 永安 武, 田中伴典, 福岡 順也:肺グロームス腫瘍の1例.日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 50: S707-S708, 2014        
56 東 美智子, 富村沙織, 加島志郎, 福岡順也, 宇谷厚志: 融合性細網状乳頭腫症の1例. 西日本皮膚科 76(5): 511, 2014        
57 福岡順也, 田畑和宏, 加島志郎, 橋迫美貴子, 唐田博貴: 肺がんの背景に見られる間質性肺炎をどう診断しマネージするか? 肺癌の背景 肺を病理学的に分類すると: 肺癌 5(5): 277, 2014        
58 高畑海音子, 橋迫美貴子, 田中伴典, 田畑和宏, 加島志郎, 山崎直哉, 土谷智史, 松本桂太郎, 宮崎拓郎, 永安 武, 福岡順也: 肺癌背景肺におけるMuc5B発現. 肺癌 54(5): 433, 2014        
59 鬼塚 貴光, 岩浪 崇嗣, 川口 誠, 福岡 順也, 中川 誠:気腫合併肺線維症を背景にしたDendriform pulmonary ossificationの1例.肺癌 (0386-9628)54巻5号 Page603(2014.10)        
60 岩田剛和, 吉野一郎, 吉田成利, 池田徳彦, 長瀬清亮, 坪井正博, 菱田智之, 朝戸裕二, 片上信之, 坂本和裕, 山下芳典, 東山聖彦, 光冨徹哉, 山下素弘, 横内 浩, 大久保憲一, 岡田守人, 竹之山光広, 千田雅之, 富井啓介, 松浦求樹, 吾妻安良太, 岩澤多恵, 桑野和善, 坂井修二, 廣島健三, 福岡順也, 吉村健一, 多田弘人, 中川和彦, 中西洋一: 特発性肺線維症(IPF)合併非小細胞肺癌に対する周術期pirfenidone療法の効果と安全性に関する第II相試験. 肺癌  54(5): 330, 2014        
61 久原貴志,安倍邦子,穴見正信,岡田怜美,林 徳真吉: 男性乳腺に発生した被包型乳頭癌の一例. 第53回日本臨床細胞学会秋期大会: 2014.11        
62 道喜香奈美,佐藤典子,谷口盛人,平山三国,里 翼,二反田隆夫,穴見正信,木下直江, 中山敏幸,福岡順也: 診断に苦慮した富細胞性神経鞘腫の一例. 第53回日本臨床細胞学会秋期大会: 2014.11        
63 今泉 利信,穴見 正信,佐藤 典子,谷口 盛人,平山 三国,里 翼,道喜 香奈美,二反田 隆夫,木下 直江,安倍 邦子,林 徳真吉,福岡 順也,岸川 正大:若年者に見られた軟骨肉腫の一例 第53回日本臨床細胞学会秋期大会 (2014.11)        
64 榊原優香,進藤久和,矢野 洋,馬場雅之,大坪竜太,松本 恵,宮崎拓郎,松本桂太郞,土谷智史,山崎直哉,木下直江,安倍邦子,永安 武: 脳死肺移植後4年目に急速に増大した乳腺葉状腫瘍. 第76回日本臨床外科学会総会: 2014.11        
65 古賀洋一,米田 晃,峯 由華,釘山統太,木下直江,虎島泰洋,藤田文彦,金高賢悟,高槻光寿,黒木 保,福岡順也,江口 晋: 胃癌の肝転移と鑑別が困難であったいわゆる肝炎症性偽腫瘍の1切除例. 第104回日本消化器病学会九州支部例会・第98回日本消化器内視鏡学会九州支部例会: 2014.12        
66 森田修平,末廣智之,田中わかな,桑原 愛,一瀬仁美,原口雅史,宮副由梨,山道 忍,高木裕子,時村郁子,中鋪 卓,妹尾健正,柴田英貴,本田琢也,三馬 聡,宮明寿光,田浦直太,中尾一彦,加茂泰広,阿保貴章,木下直江: IgG関連硬化性胆嚢炎の一例. 消化器病学会第104回九州支部例会: 2014.12        
B-e-2 (プロシーディングス)
1 福岡順也: 症例に対する病理解説.第11回九州びまん性肺疾患カンファレンス: 2014.3       0
2 福岡順也: 肺癌の最近のトピックス - 肺がん病理の基本的な見方 - .久留米大学病院腫瘍センター講演会: 2014.3       0
3 福岡順也: Focus meeting ATS/ ERS IIRs consensus classification 2013 - その変更点と今後の問題点 - Update and possible confusions in pathological diagnosis. 第73回日本医学放射線学会総会: 2014.4       0
4 福岡順也: びまん性肺疾患に対する最新情報の提供. 第138回びまん性肺疾患研究会: 2014.5       0
5 福岡順也: 気腫と線維化を病理から見ると. 第72回日本呼吸器学会・日本結核病学会 九州支部 春季学術講演会: 2014.6       0
6 福岡順也: 肺がんの周囲を見渡すと. 第42回Shiga Chest Disease Conference: 2014.7       0
7 福岡順也: 病理診断の少し違った見方、肺病理を中心に. 7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン: 2014.9       0
8 福岡順也: 経過が興味深い縦隔腫瘍,びまん性肺疾患. 第28回胸部放射線研究会: 2014.9       0
9 福岡順也: びまん性肺疾患の病理について. 第78回東海びまん性肺疾患カンファレンス: 2014.9       0
10 福岡順也: 肺癌と周囲肺の病理について. 第96回北九州肺縦隔疾患研究会および北九州ブロック肺がん検診読影従事者講習会: 2014.11       0
11 福岡順也: 肺癌の背景 肺を病理学的に分類すると. 第55回日本肺癌学会学術集会: 2014.11       0
12 福岡順也: 急性間質性肺疾患群-病理診断のup to date. 第8回びまん性肺疾患フォーラム: 2014.12       0

  

社会活動

氏名・職 委 員 会 等 名 関 係 機 関 名
福岡順也・教授 評議員 肺がん学会
福岡順也・教授 病理診断コンサルタント(肺非腫瘍) 日本病理学会
福岡順也・教授 Asia/Oceania Council Pulmonary Pathology Society
福岡順也・教授 Section Editor Archives of Pathology and Laboratory Medicine
福岡順也・教授 official abstract reviewer College of American Pathologists
福岡順也・教授 guest panel International Mesothelioma Panel
福岡順也・教授 びまん性肺疾患学術部会プログラム委員 日本呼吸器学会
福岡順也・教授 評議員 日本肺癌学会
福岡順也・教授 代表世話人 呼吸器病理研究会
福岡順也・教授 世話人 間質性肺疾患研究会
福岡順也・教授 世話人 胸部画像検討会
福岡順也・教授 TR委員 WJOG
福岡順也・教授 世話人 九州臨床画像解析研究会
福岡順也・教授 ゲストパネル びまん性肺疾患研究会
福岡順也・教授 世話人 福岡びまん性肺疾患研究会
福岡順也・教授 世話人 滋賀チェストカンファレンス
福岡順也・教授 世話人 大阪びまん性肺疾患フォーラム
福岡順也・教授 ゲストパネル 東海びまん性肺疾患研究会
福岡順也・教授 研究協力者 厚生労働省 難治性疾患克服事業(びまん性肺疾患に関する調査研究班)
福岡順也・教授 研究分担者 厚生労働省 がん臨床研究事業(切除可能悪性胸膜中皮腫に対する集学的両方の確立に関する研究)
福岡順也・教授 疫学部専門委員 公益財団法人放射線影響研究所
福岡順也・教授 非常勤医師 新潟労災病院
福岡順也・教授 嘱託医(病理) 長崎記念病院
福岡順也・教授 嘱託医(病理) 済生会長崎病院
福岡順也・教授 嘱託医(病理) 日本赤十字社 長崎原爆諫早病院
中山敏幸・准教授 評議員 日本病理学会
中山敏幸・准教授 Editorial board member World Journal of Hepatology
中山敏幸・准教授 Editorial board member, pathology section Dataset Papers in Medicine
中山敏幸・准教授 Editorial board member ISRN Gastroenterology
中山敏幸・准教授 Editorial board member World Journal of Gastrointestinal Oncolog
中山敏幸・准教授 Abstract reviewer World Journal of Gastrointestinal Oncolog
中山敏幸・准教授 委員 長崎腫瘍組織登録委員会
中山敏幸・准教授 幹事 長崎腎臓病研究会
中山敏幸・准教授 疫学部専門委員 公益財団法人放射線影響研究所
中山敏幸・准教授 副理事長 NPO長崎腎と病理ネットワーク
中山敏幸・准教授 嘱託医(病理) 長崎医療センター
中山敏幸・准教授 嘱託医(病理) 聖フランシスコ病院
林徳真吉・准教授 疫学部専門委員 公益財団法人放射線影響研究所
林徳真吉・准教授 労災協力医 長崎労働局
林徳真吉・准教授 評議員 日本病理学会
林徳真吉・准教授 委員 日本病理学会地域病理ネットワーク委員会
林徳真吉・准教授 評議員 Japanese Pulmonary Pathology Society
林徳真吉・准教授 世話人 長崎腎臓病研究会
林徳真吉・准教授 世話人 長崎胸部CT検診研究会
林徳真吉・准教授 世話人 長崎胃疾患検討会
林徳真吉・准教授 世話人 長崎乳腺研究会
林徳真吉・准教授 病理世話人 福岡胸部放射線研究会
林徳真吉・准教授 嘱託医(病理) 島原病院
林徳真吉・准教授 嘱託医(病理) 長崎病理診断科
安倍邦子・准教授 評議員 日本病理学会
安倍邦子・准教授 世話人 長崎乳腺研究会
安倍邦子・准教授 嘱託医(病理) 長崎市民病院
安倍邦子・准教授 疫学部専門委員 (財)放射線影響研究所
安倍邦子・准教授 嘱託医(病理) 島原病院
安倍邦子・准教授 嘱託医(病理) 済生会長崎病院
安倍邦子・准教授 嘱託医(病理) 日本赤十字社 長崎原爆諫早病院
木下直江・助教 世話人 九州沖縄スライドコンファレンス
木下直江・助教 嘱託医(病理) 島原病院
木下直江・助教 嘱託医(病理) 済生会長崎病院
木下直江・助教 嘱託医(病理) 長崎市民病院
田畑和宏・助教 世話人 九州臨床画像解析研究会
田畑和宏・助教 世話人 胸部画像検討会
田畑和宏・助教 世話人 若手医師によるびまん性肺疾患検討会
田畑和宏・助教 嘱託医(病理) 済生会長崎病院
田畑和宏・助教 嘱託医(病理) 日本赤十字社 長崎原爆諫早病院
田畑和宏・助教 嘱託医(病理) 長崎記念病院
田中伴典・医員 世話人 九州臨床画像解析研究会
田中伴典・医員 世話人 若手医師によるびまん性肺疾患検討会

○教室における社会活動について

民間等との共同研究

氏名・職 共 同 研 究 先 研 究 題 目
福岡順也・教授 中外製薬株式会社 ヒト癌組織におけるGPC3並びに関連タンパク質発現の免疫組織化学的解析

競争的研究資金獲得状況

氏名・職 資 金 提 供 元 代表・分担 研 究 題 目
福岡順也・教授 科学技術振興機構 代表 新技術Ultrahigh density pile up array(UHPA)の研究利用モデル確立事業
福岡順也・教授 厚生労働省 分担 びまん性肺疾患に対するエビデンスを構築する新規戦略的研究
福岡順也・教授 厚生労働省 分担 難治性疾患克服事業(びまん性肺疾患に関する調査研究班)
田畑和宏・助教 日本学術振興会 代表 Bevacizumabの治療反応予測因子のスパイラルアレイを用いた検索
田畑和宏・助教 日本イーライリリー株式会社 代表 組織arrayを用いた肺扁平上皮癌の局在性における臨床病理学的特性の検討
田中伴典・医員 日本イーライリリー株式会社 代表 The immunohistological evaluation of squamous differentiation in lung adenocarcinoma

特 許

氏名・職 特 許 権 名 称 出願年月日 取得年月日 番号
福岡順也・教授 組織アレイの製造装置 平成22年10月27日 平成26年11月28日 特許第5652769号

 その他

 

非常勤講師

氏名・職 職(担当科目) 関 係 機 関 名
福岡 順也・教授 客員教授(病理学) 藤田保健衛生大学医学部
福岡順也・教授 非常勤講師(病理学) 熊本大学
福岡順也・教授 客員教授(病理学) 富山大学

 

お気軽にお問合せください。Please feel free to ask. TEL 095-819-7055 (+81-95-819-7055) 電話受付時間 10:00~17:00 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら
  • facebook
PAGETOP
Copyright@ 長崎大学病理診断科All Rights Reserved.